全交番・駐在所にAED設置=1200カ所「身近に安心を」―警視庁(時事通信)

 警視庁が都内全域の交番と駐在所1195カ所に、電気ショックで心臓の動きを回復させる救命装置「自動体外式除細動器(AED)」を設置することが31日、分かった。近く買い入れ、各1台を配備する。
 同庁地域部によると、AED設置費は2010年度予算に盛り込まれた。入札の結果は約9536万円となり、6月1日の都議会定例会で承認を得る見通し。
 警察署などには09年3月までに、125台が設置されており、民家火災での救助活動に役立ったケースもある。交番や駐在所には、緊急の場合に備え、出入り口付近の目立つ場所に置く。
 同庁地域部の笠原康弘理事官は「AEDはどこにあるか分からないと思われがちだ。地域に身近な交番や駐在所に置くことで、住民に安心感を与えたい」と話している。 

【関連ニュース】
民家火災で2人死亡=居住の高齢夫婦か
海の「118番」10周年=1万9000人を救助
未明の民家火災、子供ら4人死亡=1階居間のたばこ不始末か
4児の身元確認=北海道の車両火災
弟助けようと…10歳水死=子供5人、港で釣り中

スカイツリー伸び悩み…展望台工事優先で(読売新聞)
鳩山首相、引退へ 「次期衆院選に出馬せず」(産経新聞)
ジューンブライドって本当!? 岩手めんこいテレビ・大久保涼香アナウンサー(産経新聞)
小樽の馬暴走、馬車金具の留め方が不十分?(読売新聞)
首相交代 ビラなど手直し大あわて 民主・参院選候補者(毎日新聞)
[PR]
by gdchcx6fbc | 2010-06-07 20:26
<< <動物愛護管理条例>野良猫に無... <軽自動車税>未納者に「納付済... >>