強毒性、6割が「指針策定しない」=新型インフル―大阪の事業所調査・国交省(時事通信)

 弱毒性の新型インフルエンザが昨年、早い段階で流行した大阪市で、1100の民間事業者のうち、64%が強毒性のものが発生した際の事業継続計画(BCP)や指針について「現在策定しておらず、今後策定する予定もない」と国土交通省の国土交通政策研究所の調査に回答した。
 調査は、大阪市の約3100の事業所を対象に今年2〜3月に実施。1100事業所から回答を得た。
 調査結果によると、強毒性の新型インフルエンザに対応するBCPなどがあると回答したのは14%。今後策定するとしたのは22%だった。規模別に見ると、従業員300人以上の事業所では54%がすでに策定している一方、100人未満では78%(従業員9人以下)〜53%(同50人以上99人以下)が策定する予定がないとした。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
ユニ・チャーム、5期連続最高益=前期、中国で乳児用紙おむつ拡販
「水際対策、見直し遅かった」=検疫担当者ら指摘
JR西、増収増益を見込む=設備投資は過去最高2850億-11年3月期予想
季節性並み対処、直後から検討=専門家諮問委の議事概要判明

諫早湾開門求め海上パレード=有明海沿岸4県の漁業者ら―長崎(時事通信)
首相、知事会長に協力要請「沖縄の負担を少しでも軽くしたい」(産経新聞)
民も自もQちゃんに出馬打診(スポーツ報知)
無症状キャリアーは対象外=救済案、国側が一時検討―B型肝炎訴訟(時事通信)
民主、甘利氏の懲罰動議提出 自民は猛反発(産経新聞)
[PR]
by gdchcx6fbc | 2010-05-20 12:01
<< <軽自動車税>未納者に「納付済... 近世・近代日本画家を発掘、村越... >>