「一国の首脳に非礼」=官房長官、米紙に不快感(時事通信)

 平野博文官房長官は15日午後の記者会見で、米紙ワシントン・ポストが先の核安全保障サミットで「最大の敗者は迷走続きの鳩山由紀夫首相」と論評する記事を掲載したことについて、「一国の首脳に対して、いささか非礼な面があるのではないか」と不快感を示した。
 記事では、オバマ米大統領と約90分間会談した中国の胡錦濤国家主席が「勝者のリストのトップに位置付けられる」とする一方、首相については「慰めとして(大統領に)非公式会談をしてもらった」などと酷評。これに対し、平野長官は「時間の問題ではなくて、いかに機会に接するかという観点から大事な意見交換の場だった。たとえ(非公式会談が)10分であろうが有意義な機会であった」と強調した。 

【関連ニュース】
税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
〔特集〕Changeの行方 オバマ政権
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

普天間移設で抗議集会=鹿児島(時事通信)
高齢者虐待、防止に加え「対応」手順書も作成―栃木県(医療介護CBニュース)
竹島周辺海域の地質調査、韓国に中止を要求(読売新聞)
事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)
<天下りの塔>事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)
[PR]
by gdchcx6fbc | 2010-04-22 17:36
<< 【高速道路新料金】前原君の行動... ミクシィで同級生に「死ね」=容... >>