「初めて知った」鉢呂議員、訂正検討 虚偽記載認める(産経新聞)

 民主党の鉢呂吉雄衆院議員は25日、衆院第1議員会館で記者団の取材に応じ、自身が代表を務める「民主党北海道第4区総支部」が、個人献金を受領した日付を虚偽記載していたとされる問題について、「今朝会計責任者から聞いて初めて知った」と事実関係を認めた。

 また、政治資金収支報告書を訂正するかについては、「訂正を検討する」と述べた。

【関連記事】
民主・鉢呂氏側、3年分の献金日を虚偽記載 規制法抵触か
民主・鉢呂氏、北教組OB5人から600万 政治活動全般で依存か
北教組の不正資金提供 「本当に小林陣営だけなのか」との指摘も
北教組の深い闇 学校を支配する諸悪の根源「46協定」とは
北教組家宅捜索で政治と教職員組合の癒着構造にメス

伊能の象限儀、国宝に=岩崎家を文化財登録へ−審議会答申(時事通信)
参院選公約に「国民の声」反映=4月からタウンミーティング−民主(時事通信)
31歳会社員「興奮した」 帰宅女性にふん尿投げつける(スポーツ報知)
福島氏、閣僚懇でホワイトビーチ案を批判(産経新聞)
「文化が滅びる」――都条例「非実在青少年」にちばてつやさん、永井豪さんら危機感
[PR]
by gdchcx6fbc | 2010-03-27 11:47
<< 教科書掲載、200年来の謎「原... 普天間移設 政府案暗礁 首相困... >>